昭和53年頃 親連である野方囃子連に練習参加。


昭和55年

地元の中野区野方2丁目の有志に奉加帳を回し
大太鼓×1、〆太鼓×2を購入する。

昭和55年6月

三谷囃子連として独立。

昭和55年8月

祭礼時、朝日新聞社より自作獅子頭の取材を受ける。
原型は野方囃子連より拝借。

時期は定かではないが、バカ面(笑い面、ひょっとこ、一文字etc...)等を
獅子頭と同じ製作方法にて製作する。


結成時の会員数は7名。

現在の会員数は、男性11名、女性4名、子供5名の計20名。
月に5回程度の練習を行う。